薬剤師講師の求人ガイド

薬剤師講師の転職事情

薬剤師の働き方は病院や薬局、ドラッグストアだけではなく講師という選択肢もあります。もちろん一般的な勤務先よりは求人数は少なくなってしまいますので、必然的に狭き門ではあります。

そういった薬剤師の希少案件もリクナビ薬剤師ならしっかりカバーしています。求人だけでなく専任のスタッフが面接対策や履歴書の書き方までサポートしてくれますので安心ですよ。

薬剤師講師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
条件や待遇が良いお仕事を多数取り扱っているリクナビ薬剤師では、薬剤師予備校の講師や家庭教師のお仕事も多数紹介しています。求人募集が出される時期が限定されていることが多い薬剤師講師のお仕事を効率よく探し、できるだけ条件が良いお仕事を見つけるためには、随時35000件以上の求人を取り扱っているリクナビ薬剤師を利用する方法が賢いですね。リクルートが運営している薬剤師専門の転職サイトなので、全国各地の求人を取り扱っている点も人気です。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師の転職活動における満足度が94%以上のマイナビ薬剤師では、薬剤師講師のお仕事も多数取り扱っています。日本全国にオフィス展開しているので、ほぼすべての地域に密着した求人情報を紹介してもらうことができますし、薬剤師の転職に精通したコンサルタントに相談すれば、どの時期にどんな講師の求人が出るのかも予測しながら仕事探しができそうです。好条件の仕事を多く取り扱っているので、きっと満足できる転職先が見つかります。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
2012年度の薬剤師登録者数では業界ナンバーワンという実績を持つ薬キャリでは、大手法人はもちろん、薬剤師予備校の講師求人まで幅広く取り扱っています。取り扱う求人数は業界最大級の3万件で、薬剤師講師の求人なら正社員のものからパート、契約社員など多種多様なものを紹介してもらうことができます。充実した条件別で仕事を絞り込めるという点も、この薬キャリが人気の理由と言えるでしょう。

ヤクステ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ヘッドハンティンググループから誕生した薬剤師専門転職サービスとして人気のヤクステでは、好条件の薬剤師講師のお仕事も多数取り扱っています。講師としての経験がないと、なかなか転職先を見つけることは難しい場合が多いのですが、ヤクステを利用すれば未経験者OKの求人を多数取り扱っているので、満足できるお仕事がきっと見つかります。また、未経験でも転職で年収アップすることもヤクステなら十分に可能です!

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
日本調剤グループが運営しているファルマスタッフでは、薬剤師予備校の講師のお仕事も紹介しています。日本全国に大中小規模様々な薬剤師予備校がありますが、それぞれ求人募集が出る時期や募集定員、待遇などは異なっているので、できるだけ自分の希望に合った条件で働けるところを見つけたいもの。ファルマスタッフを利用すれば、全国15か所の営業所が地域密着型の細かい求人までを紹介してくれるので、満足できるお仕事がきっと見つかります。

薬剤師講師のための転職サイトランキング

薬剤師の資格を生かして働ける職場の中には、薬剤師を育成するための教育機関で薬剤師講師として働けるところがあります。講師という仕事は、これから薬剤師の資格取得所得を目指して国家試験に合格することを目標としている学生たちを対象に教えるのが主な仕事となり、大学などで講師として働けるチャンスや、薬剤師国家試験合格を目指す予備校で講師として教壇に立つお仕事に分類することができます。

予備校というものは全国にたくさんあります。その中には、数はそれほど多くはありませんが薬剤師になることを目指すための予備校もあります。多くは、薬学部が設置されている大学の近辺に建っているものが多いため、薬剤師講師として働く場合にも薬学部がある大学の周辺に雇用のチャンスが広がっていると考えることができます。薬剤師の資格は、薬学部を無事に卒業すれば自動的に資格を取得できるというわけではありません。卒業することももちろん大切ですが、国家試験を受験して合格しなければいけません。生徒の中には、薬学部を卒業しても国家試験に落ちてしまい、資格を取得できなかった人がいるわけで、薬剤師予備校では、そんな生徒たちを対象として、薬剤師の国家試験に向けて傾向と対策を中心に教えることになります。

薬剤師講師のお仕事は、薬剤師としての専門的な知識を活用して働くことができますが、調剤業務を行なったり医薬品の管理をしたりするわけではありませんし、新薬開発に向けて研究業務に従事するわけでもありません。そのため、ほかの職場で働く薬剤師と比べると、仕事内容は大きく異なると言えます。また、講師というお仕事は、精神的なストレスや責任感は大きくても、体力的にはそれほどキツイというわけではなく、残業はほとんどないお仕事ですし、お給料や待遇面でも高待遇のお仕事が多くなっています。そのため、離職率が低く求人募集がなかなか出ないため、求人を見つけることは容易ではありません。できるだけタイミングよく求人募集を見つけてサッと応募できるように、普段から転職情報が乗っているサイトやハローワーク、予備校や大学の求人情報などをこまめにチェックしておくと良いでしょう。

また、薬剤師講師のお仕事は、求人募集が出ると大勢の薬剤師が殺到する大激戦の求人が多くなっています。いつでもさっと応募できるように、普段から履歴書や職務経歴書は提出できるように常に準備しておいた方が安心かもしれませんね。


Copyright (C)2016-2017 薬剤師講師の求人ガイド All Rights Reserved.